一番人気な部位

上まぶたにおける様々な手術

目をさらに大きく

ここでは、上まぶたに分類しますが、「目頭切開」という手術があります。
この手術の特徴は、目の美しい比率を求める方にオススメです。

目と目が離れ過ぎていると、バランスが悪く、美しいという印象は与えられません。
クールビューティーな目は、切れ長で大きな瞳です。
そのような見た目になりたい、または好むという方は目頭切開手術を受けるといいでしょう。

手術の内容は、目頭から上まぶたの部分に、「蒙古ひだ」と呼ばれるかぶさった皮膚にメスを入れて切開する、というものです。
この手術により、目の横幅が長くなって、クールビューティーな瞳を手に入れることができるのです。

日本人は西洋の人と違って、蒙古ひだを持ち、目頭がかぶさった形の方が多くいらっしゃいます。
アイライナーなどで切開風のラインを引くメイクをするのも良いですが、一度手術で切開してしまえば楽ですよね。
切れ長アイを手に入れたい方はぜひ検討してみてください。

目元のたるみにも効果的

次に、上まぶたの「たるみ取り」という手術についてお伝えします。
年齢を重ねると、上まぶたのたるみが気になる、という方もいらっしゃいますよね。
目は、年齢が出やすい部位の一つなのです。
アンチエイジング効果のある高価な基礎化粧品を毎日使用して、効果が出るのか出ないのか、とそわそわするよりは、整形でたるみをとってしまうのも一つの手です。

この手術は、筋力の衰えから、重力で伸びた皮膚を切除するだけです。
それだけで、大変な努力なく、すぐに若々しい目元を得ることができます。

「眼瞼下垂」という手術もあります。
「がんけんかすい」と読みます。

この手術は、「細い目」をした人や、まぶたが重そうで「眠そうに見える目」の人に向いています。
上まぶたを、上に引っ張り大きな目に見せることができる手術なのです。